行方不明者の遺産分割

相続が発生した場合、相続人の中に行方不明者がいる場合の遺産分割はどう行うのでしょうか。
予め被相続人が生前に、行方不明者に関する遺産分割の旨を遺言書に記載していれば問題はありませんが、このような遺言がない場合、行方不明者に関して何の手続きもせず遺産分割をすることはできません。下記にて遺産分割の方法を確認していきましょう。

行方不明者の代理人を申し立てる

相続人の中に行方不明者がいる場合には、他の相続人が代理で遺産分割をするのではなく、家庭裁判所に行方不明者の「不在者財産管理人」の申立をおこないます。
選任された管理人が行方不明者の代理で遺産分割を行う事ができます。

これは、共同相続人により、行方不明者の相続分を害される可能性が否定できないからです。

失踪宣告

行方不明者が生死不明であり、どうにもならない場合、家庭裁判所に失踪宣告制度の申述をし、民法に定められた条件を満たした場合に限り失踪宣告が認められると、家庭裁判所より、行方不明者を死亡したとみなす制度になります。

この失踪宣告が認められた場合、後に生きている事が判明した場合には、失踪宣告を取り消す裁判を行う必要があります。

認定死亡

行方不明者が災害などにより死亡している可能性が高い場合、行政機関が死亡したことを推定することにより認められる制度になります。

行方不明者について、死亡したと推定しているに過ぎないので、後に生きていることが判明した場合には、認定死亡の制度は、効力を失います。

 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 電話番号

四日市の出張相談室もご活用ください

当センターでは、鈴鹿事務所の他に四日市に出張相談室をご用意しております。 出張相談室をご利用の方は、お電話にてお申し付けください。
※四日市では、当センターの職員は常駐しておりません。無料相談室の利用のみとなります。担当者は鈴鹿から、無料で出張相談に対応いたします。必ず事前予約をお願いします。

 

 

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 鈴鹿事務所

    鈴鹿事務所

    〒513-0801
    鈴鹿市神戸一丁目10番2号

  • 四日市出張相談室

    四日市出張相談室

    〒510-0003
    三重県四日市市大宮町21番6-2号

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す