相続関係図の作成

相続関係図とは、相続人である人物全てを図式化したものを言います。

相続人を調査する際に取り寄せた戸籍謄本から、作成していきます。

相続関係図の内容

相続関係図は、法律上決まった書式があるわけではありませんが、記載する必要事項は抑えておきましょう。下記は記載する内容例です。

  • 題名 「被相続人 三重 太郎 相続関係図」など。
  • 亡くなった方の本籍地等
    一般的には、亡くなった方の「最後の本籍」「最後の住所」「登記簿上の住所」を記載します。
  • 続柄 「被相続人」「相続人」「妻」「夫」「長男」「次男」など。
  • 相続の選択 「相続」「放棄」など。
  • 関係者の情報(生年月日、住所など)

 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 電話番号

四日市の出張相談室もご活用ください

当センターでは、鈴鹿事務所の他に四日市に出張相談室をご用意しております。 出張相談室をご利用の方は、お電話にてお申し付けください。
※四日市では、当センターの職員は常駐しておりません。無料相談室の利用のみとなります。担当者は鈴鹿から、無料で出張相談に対応いたします。必ず事前予約をお願いします。

 

 

 

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す