相続方法 相続放棄

相続が発生し、相続人と相続財産が確定したら、財産の相続方法を決める必要があります。

相続財産を相続する方法として「相続放棄」があります。

財産の相続を放棄する場合には、相続が発生した日から3か月以内に家庭裁判所に申述する必要があります。相続を放棄するという事は、マイナスの財産(負債やローン等)だけではなく、プラスの財産の相続権も全て放棄することになりますので、財産を漏れのないよう調査し、放棄をすべきかお悩みの方は、相続の専門家にご相談されることをおすすめいたします。

相続放棄の方法

相続を放棄したいという方は、その旨を家庭裁判所に申述し、これを家庭裁判所が受理すれば、相続放棄が成立します。

また、家庭裁判所への申述以外にも、遺産分割協議において、相続人間で「全ての財産をある相続人に相続させる。」として、自分は一切の相続を放棄するという旨を遺産分割協議で取り決め、協議書に記載することで、成立する方法もあります。

相続放棄の期限は3か月です!

相続放棄を申述できる期限は、相続が発生した日、及び相続人になった事を知った日から3か月以内が原則です。相続人は、この3か月以内という短い期間に相続人の調査、財産調査、相続方法の決定を終わらせなければならないのです。

悩んでいる時間はありません!相続放棄をするべきかどうかお悩みの方は、当事務所にご相談下さい!相続の専門家がお客様にとって一番良い相続方法をご提案させていただきます。

 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 電話番号

四日市の出張相談室もご活用ください

当センターでは、鈴鹿事務所の他に四日市に出張相談室をご用意しております。 出張相談室をご利用の方は、お電話にてお申し付けください。
※四日市では、当センターの職員は常駐しておりません。無料相談室の利用のみとなります。担当者は鈴鹿から、無料で出張相談に対応いたします。必ず事前予約をお願いします。

 

 

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 鈴鹿事務所

    鈴鹿事務所

    〒513-0801
    鈴鹿市神戸一丁目10番2号

  • 四日市出張相談室

    四日市出張相談室

    〒510-0003
    三重県四日市市大宮町21番6-2号

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す