相続方法が決まらない

相続方法の決定は、相続が発生した日から3か月以内にする必要があります。
この3か月の期間を「熟慮期間」といいます。
相続人で遺産分割をしているがもめている、又は、相続人全員がなかなか集まる事ができず、この熟慮期間に相続方法を決定することができないという場合、どうすればよいのでしょうか。

原則相続放棄や限定承認をする場合、3か月以内に申述する必要がありますが、どうしても相続方法が決まらないという場合、家庭裁判所に「熟慮期間の伸長」を申し立てることにより、それを裁判所側が受理すると、熟慮期間を延長することができます。

しかしながら、相続人間でもめていしまっていて、収拾がつかない、又は、相続人全員が集まれるのがいつになるのか見当もつかない・・・という場合、相続の専門家に一度ご相談されることをおすすめいたします。

上記の様な場合、第三者で、さらに有資格者である専門家が間に入るによって、ほとんどの場合、解決に向かいます。万が一相続放棄や限定承認をお考えの場合には、お早目のご相談をおすすめいたします。

 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 電話番号

四日市の出張相談室もご活用ください

当センターでは、鈴鹿事務所の他に四日市に出張相談室をご用意しております。 出張相談室をご利用の方は、お電話にてお申し付けください。
※四日市では、当センターの職員は常駐しておりません。無料相談室の利用のみとなります。担当者は鈴鹿から、無料で出張相談に対応いたします。必ず事前予約をお願いします。

 

 

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 鈴鹿事務所

    鈴鹿事務所

    〒513-0801
    鈴鹿市神戸一丁目10番2号

  • 四日市出張相談室

    四日市出張相談室

    〒510-0003
    三重県四日市市大宮町21番6-2号

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す