遺言書の効力と活用

遺言書の効力と活用方法について、なんとなく知っている、という方は多くいらっしゃると思いますが、実際遺言書があった事で、多くの遺産を受け取った方や、全く遺産を受け取れなかった方など、残された人にとって遺言書の効力は非常に大きいものなのです。
ここでは、遺言書の効力と活用について、ご説明いたします。

遺言書の効力

遺言書の効力はどのようなものなのでしょうか。遺言書があるかないかによって、多くの遺産を手にいれたり、逆に遺産を全く受け取れないという事もあるのです。

実際にあった例をあげると、父、母、子3人の家庭であり、3人の子A男、B男、C子とします。
父はすでに他界しており、母は介護を要する状況にあり、末っこであるC子が母の介護をしていました。母の財産は自宅(約3,000万円ほど)と預貯金1,500万円ほどでした。
そして母が他界し、A男は亡き母の財産を子3人で遺産分割する事になると思っていましたが、母は公正証書遺言を残しており、介護をしていたC子は遺言書がある旨を2人の兄に伝えました。

母が遺した遺言書には、「 葬儀、供養にかかる費用を預貯金から支払、残った財産は70%をC子に、残り30%をA男・B男で分けるように」との記載がありました。

結果、自宅と預貯金1,000万をC子が相続し、A男・B男さんはそれぞれ200万円ずつの相続となりました。

A男・B男さんからしてみたら、「C子がほんの2年ほど介護をしていたというだけで70%もの遺産がC子の手にわたってしまうなんて・・・・」という悲しいお気持ちがあると思います。そしてずっとお母様の介護を一人でしてきたC子さんにとっては、苦労が報われ、自宅も売却しなくて済み、今後も母が居た自宅に住めることに、一安心したこととと思います。

上記のように、遺言によって、大きな法的力が動くという事がお分かりになりましたでしょうか?

遺言が法的効力をもつ遺言書であった場合、遺言に従った形で相続する事となります。
しかしながら、効力を持たない遺言(内容に不備等あった場合)には、せっかく作成した遺言が無効になってしまいますので、内容に不安がおありの方は、当事務所にご相談ください。

遺言書の活用

以下のような方は遺言書を活用することをおすすめいたします。

  • 相続人が複数人いて、遺産相続が複雑になりそうという方
  • 相続人に、養子、前妻との子、認知した子など、直接相続人全員と面識のない相続人がいる方
  • 相続人同士不仲であり、相続が発生したらトラブルになりそうと不安な方
  • 病院に入院している親族に、遺言を作成しておいてほしいという方
  • 法定相続人以外の第三者に遺産を遺贈したいという方

 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 電話番号

四日市の出張相談室もご活用ください

当センターでは、鈴鹿事務所の他に四日市に出張相談室をご用意しております。 出張相談室をご利用の方は、お電話にてお申し付けください。
※四日市では、当センターの職員は常駐しておりません。無料相談室の利用のみとなります。担当者は鈴鹿から、無料で出張相談に対応いたします。必ず事前予約をお願いします。

 

 

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 鈴鹿事務所

    鈴鹿事務所

    〒513-0801
    鈴鹿市神戸一丁目10番2号

  • 四日市出張相談室

    四日市出張相談室

    〒510-0003
    三重県四日市市大宮町21番6-2号

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す