相続での不動産名義変更

相続が発生し、被相続人の名義の不動産を相続人が相続する場合、引き継ぐ相続人の名義にに変更する必要があります。そのまま変更の手続きをしないでいると後々売却や名義変更をする場合に複雑な手続きになったり、売却できないなどの問題も発生しますので、相続が発生した時点でなるべく早めに名義変更を行いましょう。

不動産名義変更の方法

不動産名義変更の方法をみていきましょう。

  1. 相続人間での遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成する。
  2. 不動産の名義変更に必要な書類を準備する。※下記にて確認
  3. 不動産の変更登記申請書を作成する。
  4. 必要書類が揃ったら法務局に不動産の登記変更を申請する。

不動産の名義変更に必要な書類※

不動産の名義変更に必要な書類については、不動産の遺産分割の内容によって異なります。
下記にて確認してください。

一人の法定相続人が相続する、又は法定相続分で相続をする場合の書類

  • 被相続人の出生から亡くなるまでの一連の戸籍謄本
  • 法定相続人の戸籍謄本
  • 法定相続人の住民票
  • 不動産の固定資産税評価証明書

遺産分割協議で決定した方法で相続する場合の書類

  • 被相続人の出生から亡くなるまでの一連の戸籍謄本
  • 相続人の戸籍謄本
  • 相続人の住民票
  • 不動産の固定資産税評価証明書
  • 遺産分割協議書
  • 相続人の印鑑証明書

 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 電話番号

四日市の出張相談室もご活用ください

当センターでは、鈴鹿事務所の他に四日市に出張相談室をご用意しております。 出張相談室をご利用の方は、お電話にてお申し付けください。
※四日市では、当センターの職員は常駐しておりません。無料相談室の利用のみとなります。担当者は鈴鹿から、無料で出張相談に対応いたします。必ず事前予約をお願いします。

 

 

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 鈴鹿事務所

    鈴鹿事務所

    〒513-0801
    鈴鹿市神戸一丁目10番2号

  • 四日市出張相談室

    四日市出張相談室

    〒510-0003
    三重県四日市市大宮町21番6-2号

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す