死後事務委任契約とは?

生前対策として有効な契約に「死後事務委任契約」という契約があります。
生前の委任契約に関しては、ご本人様がお亡くなりになられた後は、効力を失ってしまいます。では、自分の死後、身の回りの事務手続きや、家財の管理や処分など誰が行ってくれるの?このような不安がでてきますね。
死後のそういった手続きをご家族の方がやってくれれば、問題はありませんが、子がいない、家族はいても頼れないなどの方にとってはとても不安です。

このような事でお困りの方は生前に「死後事務委任契約」を結んでおく事をおすすめいたします。
下記にて死後事務委任契約について見ていきましょう。

死後事務委任契約の概要

死後事務委任契約では、自分の死後の様々な事を生前に委任契約しておくことができます。

遺言執行者の指定、生前かかった医療費の支払い方法、葬祭の費用の支払い方法、各種手続きの処理、家財の処分方法などなど、自由に決めることができます。

委任者が上記の内容を第三者(個人・法人)に委任する契約です。
委任する者として、行政書士や司法書士に依頼する方も少なくありません。

 任意後見契約と死後事務委任契約

任意後見契約をお考えの方は、同時に死後事務委任契約を結んでおく事をおすすめいたします。
第三者に委任をする場合、生前から死後まで、同一の人(個人・法人)がトータルサポートすることができるので、スムーズな流れで事務手続き等を行う事ができます。
また、生前と死後と同一の方に依頼した方が、ご自身の安心にもつながるのではないでしょうか。
当事務所では、こういった契約のご相談もお受けしておりますので、お気軽にお問合せください。
専門家が親身になって対応させていただきます。

 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 電話番号

四日市の出張相談室もご活用ください

当センターでは、鈴鹿事務所の他に四日市に出張相談室をご用意しております。 出張相談室をご利用の方は、お電話にてお申し付けください。
※四日市では、当センターの職員は常駐しておりません。無料相談室の利用のみとなります。担当者は鈴鹿から、無料で出張相談に対応いたします。必ず事前予約をお願いします。

 

 

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 鈴鹿事務所

    鈴鹿事務所

    〒513-0801
    鈴鹿市神戸一丁目10番2号

  • 四日市出張相談室

    四日市出張相談室

    〒510-0003
    三重県四日市市大宮町21番6-2号

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す