相続での不動産名義変更

相続が発生し、被相続人の名義の不動産を相続人が相続する場合、引き継ぐ相続人の名義にに変更する必要があります。そのまま変更の手続きをしないでいると後々売却や名義変更をする場合に複雑な手続きになったり、売却できないなどの問題も発生しますので、相続が発生した時点でなるべく早めに名義変更を行いましょう。

不動産名義変更の方法

不動産名義変更の方法をみていきましょう。

  1. 相続人間での遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成する。
  2. 不動産の名義変更に必要な書類を準備する。※下記にて確認
  3. 不動産の変更登記申請書を作成する。
  4. 必要書類が揃ったら法務局に不動産の登記変更を申請する。

不動産の名義変更に必要な書類※

不動産の名義変更に必要な書類については、不動産の遺産分割の内容によって異なります。
下記にて確認してください。

一人の法定相続人が相続する、又は法定相続分で相続をする場合の書類

  • 被相続人の出生から亡くなるまでの一連の戸籍謄本
  • 法定相続人の戸籍謄本
  • 法定相続人の住民票
  • 不動産の固定資産税評価証明書

遺産分割協議で決定した方法で相続する場合の書類

  • 被相続人の出生から亡くなるまでの一連の戸籍謄本
  • 相続人の戸籍謄本
  • 相続人の住民票
  • 不動産の固定資産税評価証明書
  • 遺産分割協議書
  • 相続人の印鑑証明書

 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 電話番号

 

 

 

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す