秘密証書遺言とは

秘密証書遺言とは、公正証書遺言と同じく、公証役場での作成になりますが、遺言の内容を公証人、及び証人2名に秘密にし、公証役場で遺言書を作成する方法です。
遺言の内容は誰にも知られることはありませんが、遺言を遺した事実は公証人と証人に知られる事になります。

遺言の内容を知られる事なく、原本は公証役場にて保管されるので紛失、又は、見つからないなどの心配はありませんが、公証人による遺言内容の確認がない為、相続人間でのトラブルを招いてしまう可能性も否定できません。また公証役場での費用もかかります。

また、この秘密証書遺言は開封時、遺族による家庭裁判所での検認の手続きが必要となります。

上記の様に、デメリットの方が目立つ為、あまり知られていない遺言の方法ですが、遺言の内容を誰にも秘密にしたいが、公証役場で作成を希望される方はこの、秘密証書遺言という方法があります。

 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 電話番号

四日市の出張相談室もご活用ください

当センターでは、鈴鹿事務所の他に四日市に出張相談室をご用意しております。 出張相談室をご利用の方は、お電話にてお申し付けください。
※四日市では、当センターの職員は常駐しておりません。無料相談室の利用のみとなります。担当者は鈴鹿から、無料で出張相談に対応いたします。必ず事前予約をお願いします。

 

 

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 鈴鹿事務所

    鈴鹿事務所

    〒513-0801
    鈴鹿市神戸一丁目10番2号

  • 四日市出張相談室

    四日市出張相談室

    〒510-0003
    三重県四日市市大宮町21番6-2号

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す