未成年者の場合の遺産分割

法定相続人の中に未成年者がいる場合の遺産分割はどのように行うのしょう。
未成年者の法定行為を代理で行える人物は、未成年者の親権を持つ親になります。
しかしながら、遺産分割に関しては特別な法的手続きが必要となります。
これは、法定相続人の中に未成年者、及び親権者である親もいる場合
同じ相続人である、親権者は未成年者の利害関係である為、未成年者の相続分を害する可能性が否定できないからです。それでは、どのような遺産分割をしたらよいのでしょうか。以下にて確認していきましょう。

特別代理人の選任をする

法定相続人の中に、未成年者及びその親権者がいる場合の遺産分割協議では、親権者が未成年者の遺産分割を決めるのではなく、未成年者に特別代理人を立てて、選任された代理人が未成年者の代わりに遺産分割協議に参加します。

同じ相続人の中に、未成年者の親権者がいる場合には、未成年者の相続分を親権者が害する可能性が否定できないからです。

特別代理人の選任は、家庭裁判所に申立をすることによって、未成年者の代理人が選任される形になります。

また、相続人の中に複数の未成年者がいて、親権者も共同相続人ある場合には、親権者が各々の未成年者の遺産分割を協議するのではなく、未成年者それぞれに特別代理人を選任しなければなりません。

上記のような手続きをしないで遺産分割協議を行った場合には、法的には無効となります。

 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 電話番号

四日市の出張相談室もご活用ください

当センターでは、鈴鹿事務所の他に四日市に出張相談室をご用意しております。 出張相談室をご利用の方は、お電話にてお申し付けください。
※四日市では、当センターの職員は常駐しておりません。無料相談室の利用のみとなります。担当者は鈴鹿から、無料で出張相談に対応いたします。必ず事前予約をお願いします。

 

 

 

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 鈴鹿事務所

    鈴鹿事務所

    〒513-0801
    鈴鹿市神戸一丁目10番2号

  • 四日市出張相談室

    四日市出張相談室

    〒510-0003
    三重県四日市市大宮町21番6-2号

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す