相続財産に該当するもの

相続が発生した場合、被相続人が有していた財産を相続財産と言います。
この相続財産はプラスの財産と、マイナスの財産も含まれますので、相続をする際注意が必要です。遺された財産が相続財産に該当するのかしないのか、下記より確認しましょう。

プラスの財産の例

  • 不動産(土地、建物など)
  • 現金
  • 有価証券(株券、小切手など)
  • 動産(車、宝石、家具など)
  • その他(ゴルフ会員権、損害賠償請求権など)

マイナスの財産の例

  • 借金
  • 税金

などの被相続人に支払義務のあるもの全て

相続財産ではないもの

  • 請負契約上の債務や公営住宅上の使用権、親権、国家資格や生活保護受給権など
  • 墓地・仏具・位牌などの祭祀に関する権利

 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 電話番号

四日市の出張相談室もご活用ください

当センターでは、鈴鹿事務所の他に四日市に出張相談室をご用意しております。 出張相談室をご利用の方は、お電話にてお申し付けください。
※四日市では、当センターの職員は常駐しておりません。無料相談室の利用のみとなります。担当者は鈴鹿から、無料で出張相談に対応いたします。必ず事前予約をお願いします。

 

 

 

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す