相続に関する相談事例

相続人と財産調査 | 三重相続遺言サポートセンター|鈴鹿

鈴鹿の方より相続についてのご相談

2022年08月03日

Q:実の母が再婚をしました。私は再婚相手の相続人に含まれるのでしょうか。司法書士の先生に教えていただきたいです。(鈴鹿)

先週、鈴鹿に住む実の母の再婚相手の方が亡くなりました。実の父は私が成人してからすぐに病気で亡くなり、死別しております。母は、父が亡くなった数年後に別の方と結婚しましたが、私が鈴鹿から離れた場所に住んでいることもあり、再婚相手の方とはほとんど面識がありません。葬儀に参加した際に、母から相続の手続きを手伝ってほしいと頼まれましたが、鈴鹿は今住んでいる場所からは遠く、仕事も忙しいため、あまり相続手続きの手伝いをする気にはなれません。私が母の再婚相手の相続人にあたるのであれば、できる限り手伝おうかと思っておりますが、私は相続人に含まれるのでしょうか。(鈴鹿)

A:再婚相手の方と養子縁組をしていた場合は、法定相続人になります。

この度は、三重相続遺言サポートセンターにご相談いただき、誠にありがとうございます。

ご相談者様が再婚相手の方と養子縁組をしていた場合は、相続人にあたります。もしも、養子縁組をしており、相続人であっても再婚相手の方の遺産を相続したくない場合は、相続放棄の手続きをすれば相続人ではなくなります。

ご相談者様の場合は、成人されてからお母様が再婚されたとのことでしたので、養子になるには養子縁組届の届出をしなくてはなりません。養子縁組届は養親と養子の両方が自署押印をし、届出なくてはなりませんので、被相続人である再婚相手の方と養子縁組をしたかどうかはお分かりになるかと思います。

三重相続遺言サポートセンターでは、鈴鹿の相続事情に詳しい専門家である司法書士が在中しており、皆様のお悩みを親身になってお伺いさせていただきます。ありがたいことに、相続手続きの専門家として、鈴鹿エリアの皆様をはじめ、鈴鹿周辺の皆様から多くのご相談とご依頼をいただいております。

相続手続きを行うのが初めての方がほとんどですので、ご不安に感じることも多いかと思います。相続に関してご不安なことが少しでも思いあたりましたら、お気軽に三重相続遺言サポートセンターまでお問い合わせください。初回は無料で相談を行っておりますので、安心してご活用いただければと思います。スタッフ一同、鈴鹿の皆様、並びに鈴鹿で相続手続きができる事務所をお探しの皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げております。

四日市の方より相続のご相談

2018年07月12日

Q:兄が父の財産を開示しません(四日市)

父が亡くなり、生前は兄が父と四日市の実家で同居していました。父の相続を進める必要があるのですが、兄は父の財産は無いといって、開示してくれません。母はすでに他界しており、相続人は、弟である私と兄になります。四日市の実家以外に、財産があるのかを開示してもらう方法はありますか?(四日市)

 

A:お父様の財産の調査を行いましょう。

相続人は、被相続人の財産を調査することができます。不動産、預貯金、株式など、どこにどれくらいの財産が存在するのかを調査することが可能です。

預貯金を調査する場合には、被相続人と取引があるであろう金融機関へ取引残高証明書を取得することにより預貯金の残高を知ることができます。取引残高証明書を取得する際に必要な書類は金融機関によって異なりますので、各金融機関へ問い合わせします。不動産を調査する場合には、名寄帳というものを役所で取得するといった調査方法があります。相続財産の調査は、早めに行った方がよいでしょう。万が一、借金がある場合には、それを考慮した相続手続きを検討する必要もあります。ですから、財産調査は非常に重要な手続きであり、かつ早めに行う必要があります。また、間に第三者(専門家)が介入することによってお兄様が財産を開示するに至る場合もございます。財産調査でお困りの方は、まずは当センターにご相談ください。四日市にお住まいで相続でお困りの方はお気軽初回の無料相談をご利用ください。相続の専門家がお客様を親身にサポートさせていただきます。

 

 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 電話番号

 

 

 

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す